2019年2月16日

Fallout 76 私的メモ #10

プレイ中に気になったことなど適当に書き連ねています。ゲームの内容に関するネタバレがあるかもしれないのでご注意ください。

 
先日のアップデートで各ベンダーのすべての設計図がいつでも購入できるようになった…のはいいものの、ランダム性を廃したからという理由で設計図のお値段がガツンと値上げされてしまいグ、グムーーとうなっている今日この頃。設計図の売買についてコンテンツとしての釣り合いをとりたい気持ちも分かるんだけど、現状では各ベンダーの所持キャップ数が少なすぎるせいで今度はそっちのバランスが崩れてしまっている感じなんだよなあ。どう頑張ってもベンダーからは一日に200キャップx7派閥分しかむしれないのに7000キャップ弱の衝撃補正機能の設計図を買うのもなかなか気が重いよね、という話で。設計図は高いけど作ったパーツを他のプレイヤーに売って回収してね!という意向なのだとしても、ゲーム内でのプレイヤー間取引が物凄く不便な現状ではちょっと現実的ではないし。なんというかこのゲーム、素材はいいのに運営側のディレクションが色々ズレてる感じなのがもったいないなーと常々思う。好きだけどね。

ちなみに細かいことを言うとこの「衝撃補正機能」は誤訳で、原語の「Calibrated Shocks」のShocksは「衝撃」ではなく「ショックアブソーバー」、つまりパワーアーマーの脚部に内蔵されていると思われるサスペンションのこと。だから訳としては「調整済サスペンション」くらいが妥当じゃないかなあと思ったり。まあしかし相変わらずバイトの大学生にやらせたような翻訳が多くてイカンねえ...ってもはやFO界隈で誤訳を気にしているのもわたくしだけかもしれないが。ウーム。

そして次のアップデートでスコーチビーストの音波攻撃の頻度が下がるというアナウンス。あの音波攻撃は範囲がやたら広い上にエフェクトで視界が塞がれてこちらの行動が阻害されるというかなり不条理なアレなので頻度が下がるのはありがたい、んだけど、じゃあ他のどの行動をより頻繁に取るようになるのかちょっと疑問。鱗粉(?)攻撃を連発されてもそれはそれで鬱陶しそうだし、コウモリの怪物なのにしょっちゅう地面に降りてきてひっかいてくるというのもなんか不自然だし。頻度そのものを下げるよりはエフェクトと効果範囲をもう少しマイルドにして、あとは近接ビルドのプレイヤーのためにもうちょっと着陸の頻度を上げるくらいでいいんじゃないの、と個人的には思うけどもどうかなー。

そういえば前回書いたEnforcerのPerkを使ってスコーチビーストを無理やり着陸させる小技、あの後何度か試してみたところ、撃たれたスコーチビーストが滞空したまま何もしなくなることが結構あった。移動も攻撃もしないのでダメージが通る銃さえあればカモれるんだけど、やっぱり近接武器は届かないので(あたりまえ)ちょっと困るっす。翼に重傷判定が発生すると着陸して、手足に発生すると滞空したままになる、みたいなメカニズムなのかなあと勝手に推測しているんだけど真相やいかに。

今回はなんだか愚痴ばっかりになってしまったけど、相変わらずプレイは楽しんでいるのでまあ割とオッケーな感じです、ハイ。

0 件のコメント:

コメントを投稿