2019年1月9日

Fallout 76 私的メモ #6

プレイ中に気になったことなど適当に書き連ねています。ゲームの内容に関するネタバレがあるかもしれないのでご注意ください。


・ パワーアーマーのパーツがなかなか揃わないので、パワーアーマーがスポーンするロケーションでゲーム終了→再接続を繰り返す、いわゆる「サーバーホッピング」を試してみた。これは接続し直すことで強制的にワールドを切り替えて目当てのアイテムを探す、というリセマラ的な比較的シンプルな小技(ワールドごとにアイテムのスポーン状況やベンダーの在庫品が違うというシステムを利用したもの)なんだけど、実際やってみてもなかなかお目当てのパーツが入手できず、まあ上手くいかないもんだなあ、と唸った。ワールド接続後のロード時間も長いしなあ。というかパワーアーマーについては(低レベル帯のみでも)変にケチケチせず全身揃っているか1点欠けているかくらいの状態でスポーンさせてもいいような気がする。

・ ようやくスターディレザーとヘビーレザーの設計図が全部揃った。これも普通にプレイしているだけでは(少なくとも適正レベルのうちは)なかなか揃わなさそうな感じだなあ。というか設計図自体が名前だけではアーマーそのものの設計図なのか改造レシピなのか判別しにくくてベンダー画面でよく迷うので、(すでに習得している設計図やレシピの表示の差別化も含めて)アイテム名の表記については早めに改善してほしいところ。・ レベル15~19の間だけハーパーズ・フェリーにいるベンダーから購入できる、というハンドメイドライフルの設計図を入手するためにサブキャラを作成。どうでもいいキャラのつもりがうっかりイケメンを作ってしまった。





それで久しぶりに序盤を再プレイしてみたら色々と細かい発見があって楽しかった。Vault 76から監督官のキャンプに向かう道すがらの家屋(初めてスコーチに襲われるあたり)にあるメモでアビーやディファイアンス砦のことが言及されていたり、レスポンダー本部にあるメモでもフリーステイツ関係者やBOSの名前が挙がっていたり。いつもメモ類は溜まってきたら適当に捨てちゃうんだけど、メモの入手地点が後からでも分かるようなシステムがあれば読み返すのも楽しそうだなー。

0 件のコメント:

コメントを投稿