2018年6月9日

ミニコラム・くわへり #2

最近になって気がついたことに「ガンプラの作り方の問題」というものがあります。

ガンプラに限らずキャラクターもののプラモデルには、スケールモデルにはない玩具としての側面がある…というのはブンドドなんていう言葉があることからも察せられますが、この「模型」と「玩具」という2つの側面はちゃんと切り分けて考えたほうがいいのでは、と思ったのでした。

例えばガンプラを一般的な「模型」として作るのであれば可動関節はそれほど必要ない、というかディテールアップのためにも関節は固定しちゃった方が楽だと思うんですが、そこで手にとって遊ぶための要素(関節の可動範囲の向上とか)も同時に追求しようとするから、ガンプラ作りがなんだか遠大な作業に感じられてしまうのかなあと。模型としての美しさと動かす楽しさが両立できないとは言いませんが、ナチュラルにそういう高い目標を設定してしまうのは趣味としてのモチベーションの低下にもつながると思うんですよね。 だからまずは「模型」と「玩具」、どちらか一方の完成度のみを(ちゃんと意識して)追求するべきなのかも。

しかしプラモデルの玩具としての完成度を高める手法は意外と模索されていない気もします。プラモデルをガチャガチャ動かして遊ぶための仕上げ方、例えば塗膜が剥げにくい塗装法とか、破損しやすい細かいパーツを頑丈なものに置き換える方法とか、そういったものはまだ研究の余地があるんじゃないでしょうか。ネタに困っているモデラーの皆さん!出番ですよ!


 

2018年6月8日

[新] ミニコラム・くわへり #1

くわへり、撮影中!(ドドン)

という訳で結局また記事のタイトルを放棄するに至ったのでした。一度戻ってみて分かったんですが、毎回タイトルを考えているとスナック感覚というか、ツイート的なフットワークの軽さが失われてしまって、書きたいことに追いつかなくなってしまうんですよね。不思議なことに。

ならまあ腰を据えてしっかりした記事を書いた時は別途タイトルをつけるとして、普段の記事はミニコラムのままでいいや、となったのでした。毎度お騒がせしますがよろしくどうぞ~。アイパルンボ!