2018年5月29日

「ウォークラフト」を観ました。

今更ですが映画「ウォークラフト」を観たので感想など。

全体的な印象としては「つまらなくはないけど色々と惜しい映画」という印象でした。特にオーディエンス側に原作ゲームの予備知識があるかどうかで印象がだいぶ変わる映画のような気がします。わたくしは以前長いこと「World of Warcraft」をプレイしていたので、そういう意味ではかなり楽しめたんですが、あんまり面白くなかったという意見も分かります。原作ゲームの要素を必要以上に盛り込みすぎたせいで、全体的に散漫な内容になってしまったという感じでしょうかね。

これについては恐らく、原作ゲームの大ファンであることを公言しているダンカン・ジョーンズ監督が私情に引きずられすぎたことが原因のような気がします。原作への愛着ゆえに作っている人が自分の作品を俯瞰で見られなくなることって、映画に限らずよくありますからね。あれも出したいこれも出したい、と欲張った結果「あいつウォークラフトの話になると早口になるの気持ち悪いよな…」みたいなことになっている、と思えばまあ微笑ましくもありますが。

ストーリーの結末もちょっとスッキリしないというか完全に次に繋げる終わり方になっていて、まあビッグタイトルだし最初からシリーズ化を視野に入れていたんでしょうが、ここでシリーズが頓挫したら悲しいですな。未だに第二の挑戦ができていない「レモ 第一の挑戦」みたいで。そもそもシリーズ作品というのはまず1作目が単品として完成していなければ成立しないものだと思うので、そこはちょっとディレクションを誤った感じがしなくもなく。うーむ

で細かい内容について。観ている時に一番気になったのはキャラクター造形の問題でした。主要キャラクターのビジュアル的な差別化に失敗しているというか、みんな似たような雰囲気になってしまっている感じで。リアルといえばリアルなのかもしれませんが、衣装の色調などにも大きな差異がないし、何よりヒゲキャラが多すぎ。チャールズ・ブロンソンに倣い、ヒゲは劇物であると心得るべきですな。全体的にキャラクター描写が薄いこともあって、なかなか感情移入できるところまで行けなかった、というのが正直な感想でした。

あと戦闘シーンがイマイチ盛り上がらないのも気になりましたが、これはアクション監督(とはハリウッドでは言わないか)の力量ですかね。撮り方もそうだし、キャストのアクションもなんだかみんなヘナヘナで迫力がないのがもったいない。あと大規模な戦闘シーンで定番の弓が出てこないのもちょっと謎かなと。初代ウォークラフトって弓兵ユニットはいなかったんですかね?

一方で劇伴については逆に原作ゲームへの目配せがなさすぎて、これもちょっとバランスが悪いかなと。聞き覚えがあったのはスタッフロールで流れる「Legends of Azeroth」くらいかなあ。原作ゲームのBGMが良かっただけに残念、というのは個人的にラミン・ジャヴァディの劇伴があんまりしっくり来ない傾向があるのでそう感じるだけかもしれませんが。

と色々目についたところを列記してはみましたが、やっぱりファンとしては嬉しいクオリティの映画化でした。まだシリーズとして巻き返せる目は充分にあると思うので、次があるとしたら(というかないと困りますが)もうちょっとソリッドな内容を期待したいところですな。ウォークラフトファンとしてはアーサスとかスロールが出てきてからが本番、みたいなところもありますし。とここまで書いて自分もウォークラフトの話になると相当な早口になってしまっていることに気が付き、気持ち悪い…!


0 件のコメント:

コメントを投稿