2018年4月13日

ミニコラム・ちょろけん(仮) #50 [終]

しばらく前から日記をつけるようになりました。

日記については今までにも何度か挑戦したことがあるんですが、毎回三日坊主…までは行かないにしても一ヶ月続くのは稀というような感じで、なかなか長続きしませんでした。それが今回は気がついたらもう三ヶ月目に突入しており、やっとわたくしも人間として一皮ムゲたかな、みたいな。いやまあ日記を続けられるから偉いということもないんでしょうが、基本的に何に関してもあまり長続きしない性格なので、そういう毎日のちょっとしたキープオンに対する憧れが以前から少しあったのでした。

それで改めて分かったんですが、日記を続けるコツは「その日にやったことや起こった事実だけを書き、できるだけ感情を書かないこと」のようです。これはわたくしだけかもしれませんが、感情の動きを書き残してしまうと、特にネガティブなものはあとで読み返した時にぐんにょりしてしまうんですよね。あと日記を書くときにわざわざ嫌な気持ちや記憶を反芻するのも結構キツいですし。感情を吐き出してスッキリするために日記を書く、という考え方もひとつありそうですが、どうも自意識過剰気味なわたくしにそれはちょっと難しいかなあと。そういう内に溜め込むタイプだから色々苦労するんだと分かってはいるものの、まあ生来の性格はどうしようもないですよな~。

小林一茶がつけていた「七番日記」という句日記には日々のセックスの回数まで記録されていた(しかもやたら多い)らしいですが、日記を長く続けていればわたくしもそんな境地に至れますかねえ。あんまり至りたくない気もしますけど。セックス回数を記録した日記を読まれてしまう人も、そんな日記を読まされる人も、どっちも幸せにならないじゃないか!プライバシーを尊重せよ!ノーモアじんくんとガンダム!トランザム!

※ ご愛顧いただいた「ミニコラム・ちょろけん(仮)」は今回が最終回です。今後は同様の内容をちゃんとタイトルをつけて書く気でおりますので、発展的終了ということで一つよろしくお願いいたします。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿