2018年1月27日

ミニコラム・ちょろけん(仮) #19

先日久しぶりに母の手料理を食べる機会があったのですが。

趣味ではなく生活の一環として料理をするようになってからあらためて母の料理に触れてみると、なんというか凄いものですな。元々うちの母は料理が得意で、料理教室にも足しげく通っていたのでまあ美味しいのは当然かもしれないんですが、それを抜きにしても、やっぱり主婦としてずっと家族に料理を作り続けてきた人間の出す味はちょっと違うなと。うま味調味料すら使っていないのに(古いタイプの人間なのでうま味調味料を使うのに抵抗があるらしい)なんでこんな味になるんだろう?と鶏肉と大根のシンプルな煮物を食べながら素で考え込んでしまったのでした。

そもそもわたくし自身の味覚の大部分が母の料理によって作り上げられたものなので、それを追い越す…どころか追いつくだけでも大それたことのような気がしますが、当面は家庭を持つ予定もないし、どうせ料理を作り続けるならいつかこのくらいのものができるようになりたいなあ、みたいなことを思いました。気恥ずかしいので母には言いませんが!

0 件のコメント:

コメントを投稿