2016年12月26日

尖沙咀のハンサム・ボーイ

我愛你 ひとことだけ伝えたいのさ 本当の気持ちを
我愛你 この魂を 俺のすべてを君に捧げたい

クレイジーケンバンド 『香港的士』

我愛你を「ウォーアイニー」と読むのは北京語!香港で使われているのは広東語だ!というYouTubeのコメント欄で発見した鋭いツッコミはさておき、香港的士。的士はタクシーの中国語表記ですな。今年のホットウィールの新商品「Time Attaxi」のFEカラーもこの香港的士をモデルにしていたし、世間的にちょっとしたブームが来ているのかも。来ていないかも。


先日友人のならやま氏が香港旅行に行ってきたとのことで、お土産に香港的士のミニカーをくれたのでした。曰く本当はトイザらスで売っているファストレーンの商品の方が出来が良かったんだけど、レッド(都市部を走るタクシーの色)は売り切れでグリーン(郊外を走るタクシーの色)しか残っていなかったのでスルー。その後ナイトマーケットの玩具屋台で別メーカーのものが売られているのを見つけたのでそっちにした、と。カード裏面の情報によるとこれは新興玩具(Sun Hing Toys)という会社の製品のようで、公式サイトにも商品が載っていました


大きさはトミカやホットウィールと同じ1/64スケール。ボディはダイキャストでシャーシはプラ。ホイールはプラでタイヤはラバー。


両側のフロントドアは開閉可能。ガタつきもなく意外とスムーズに開閉しますが、ならやま氏本人が買ったものは右ドアが数ミリしか開かなかったとのこと。うちのこれもシャーシとボディの間に大きな隙間が開いていた(シャーシのネジ留めをバラして締め直したら直った)ので、品質管理についてはちょっと難アリかもしれません。まあそういうガサツな所も香港のイメージには合ってるし、旅の土産物としてはアリかなと思います。あとプルバックゼンマイを搭載しているのはちょっと珍しいかも。


まあしかしわたくしもいずれは行ってみたいですなー、香港。ジム・ケリーになりきって「燃えよドラゴン」のイントロを再現してみたい。あとビリー・チョウのキックボクシングジムとか、シー・キェンのお墓参りにも行ってみたい…と思ったらシー・キェンのお墓は非公開のようでちょっと残念。まあいいか。